アクセス解析
カウンター

理不尽なこと

理不尽に思うことを綴ったブログです。

ブログパーツUL5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【郵政民営化って・・】

Animation14.gif


昨日10/1より、郵政民営化が実施されました。
早くもこんなニュースが・・ 

一説によると、委託事業である簡易局の継続経営には、数々の足かせがあり、ATMの買取(数百万)も必要だとか。
民間企業として考えれば、ごく当たり前のことと言えますが。
メーカーなどの代理店になって名前を使わせてもらって仕事をするには、保証金や加盟料などが必要なのは普通のことです。
でも、簡易郵便局は個人経営なので、なかなか多額の投資はできないのでしょうね。
民間企業は利益追求が当然なので、これからもっとシビアな展開になることは当然予想されます。

手数料も上がったし政府保証もなくなり、国民にとって、良いことは減りはすれど、増えることはないように思えます。


本当に郵政民営化は必要だったのでしょう・・か?


日本共産党のHPに、分かり易く書いてあります。
(しかも2年前に・・)
TVで本質を充分に報道しないから、騙される人がいるんだ・・


「小泉劇場」とは的確なネーミングで、小泉前首相の「パフォーマンス」に踊らされた前回衆議院議員選挙で、「郵政民営化の是非」について深く考えずに与党に投票した多くの国民は、これから悔いることになるのでしょうね。
「自業自得」とは言っても。
ただ、郵政民営化に反対した国民にとっては、「だから言ったのに・・」という気持ちです。。


スポンサーサイト

【名前を変えてイメージアップ(笑)】

Animation14.gif


「家庭だんらん法」に言い換え指示=「残業代ゼロ法」で舛添厚労相

舛添大臣、年金着服問題などの積極的な解明指示など、今までの閣僚よりはまだ国民寄りの考え方をしている方だと思います。
まあ、私個人的には期待をしている方ですが・・

でも、これはどうかな(苦笑)
サラリーマンの現状を把握していないとしか言えないですね。
残業代があるから生活出来ている人はかなり多いと推測できます。
そういう方は、早く帰れたとしても生活に窮することになって、本業を終えてから副業をせざるを得なくなるのでは?
結果、残業代より安い賃金で、残業時間より長く働くことになって、「家族だんらん」どころでは無くなるでしょ。。

それと、「残業代が出ない⇒早く帰れる」というのは、大切なことを棚上げしてても平気な、一部の公務員だけに成り立つことであって、民間企業ではほとんど成り立たないでしょ。。
残業代が出ないからと、仕事があるのに帰宅してたら仕事は回らないし、企業側がそれを許せる訳がないでしょ。。

結局、サービス残業が増えて、「家族だんらん」どころじゃなくなるのは、サラリーマン経験があれば分かること。

それと、「残業代が出ない」⇒「早く帰る動機付けになる」・・てことはですよ、「残業代欲しさに、絶対に残業しなくてもいいのに無理やり残っている者が多い」という考え方ですよね?
これもどうかな(苦笑)
今の多くの企業では、残業代減らしに躍起で、残業するのに一々「残業申請」しなきゃ「残業を許可されない」・・という流れになっているわけですよ。
「小金(残業代)泥棒撲滅!」・・という、サラリーマンを侮辱した考え方が根底に見えるのは私だけでしょうか??


私が今の政治家に対して一番気に入らないことは、このような「目先の小細工が多い」ことです。
法案の内容の精査を指示するならともかく、「イメージが悪いから良さ気な名前に変えとけ」・・・って、国民を小馬鹿にしてません?

この法案が成立して誰が得をするかと言えば、決まってます。
雇用側の企業です。
残業代払わなくたって仕事してくれるんだもの。
雇用側に、「残業させない規制」が設けられるとしても、そんなのは反故になるに決まってる。

そして雇用側の先には、「甘い汁を吸う」奴が、指をくわえて法案の成立を待っているはずです・・・


結局、政治家は、一番弱い「国民を第一に考えていない」
・・ってことですね。

【情けない・・】

Animation14.gif


「(補給活動継続に)職を賭して取り組む」

拉致問題で5人が帰国された時、当時の官房副長官に対し私は「この人は裏のなさそうないい感じの政治家だ。次に総理にならないかな。」・・なんて思っていました。
何も知らなかったとは言え、「人は見た目の印象だけでは分からない」ということを、つくづく思い知らされる今日この頃です。

ずっと「辞めろ」の国民の声には知らぬ振りをしていたのに、こともあろうに戦争に加担することが出来なくなるなら(=アメリカのために役に立てないなら)、
「首相を辞める」・・・

アホか。。
情けない・・

日本の総理大臣なのか、アメリカの手先なのかを自ら暴露したようなものですね。
国民が今、どんな状況にあって、政治家に何を望んでいるかも分からず、知ろうともせず、国民のためにならないことで「辞める」と口にする人間が、この国のトップなのですね・・
辞めても、歴代総理大臣に名を連ねることは違いなく、この先もずっと税金で賄われたSPに守られ、生活に不自由することなく安穏とした人生を送るのでしょう。


どうしてでしょう・・

何故、こんなおかしなことが起きてしまうのでしょう・・

真面目で誠実な人間が阻害されるのは、どうしてだろう・・

理不尽なことは何故起こってしまうんだろう・・

【どうでもいい報道】


「どうでもいいじゃん、そんなこと・・」という報道は、しっかし多いですね・・
人それぞれ興味のあることは違うから、私は無関心なことでも興味津々の人達もいるので、私が知りたいことばかりを報道して欲しいと思っているわけではありませんが、でもウンザリ・・

最近のウンザリ報道は、「朝青龍」。
どうでもいいじゃない、そんなこと・・

一応国技のTOPなので、興味のある方は多いのでしょうが、にしても連日連夜の報道回数の多さと時間の長さには、いい加減ウンザリします。
確かに、朝青龍の限りなく仮病な行動は良くないと思います。
その後の態度も良くないでしょう。

でも、よってたかって、あんなに報道する必要性のあることでしょうか?
私にはそれが理解できない。
視聴率稼ぎか、例のごとく「他のことから国民の目を逸らす」作戦なのか知りませんが。

もっと国民に伝えなければならないことは沢山ありませんか?
娯楽やスポーツの話題なんて、今の日本で伝えなければならない報道の優先順位からすれば、もっと少なくていいと思います。

前回の参議院議員選挙で、多くの国民は「気付いた」はず。
政治家と、ジャーナリズムを見失ったメディアは、このままでは近いうちに痛い目に遭うぞと、期待を込めて思うわけです。

【騙されない】


「丸川珠代氏“選挙権”なし…NYから帰国後3年、転入届け未提出」

↑こういうことでいいのでしょうか?

自覚も責任もありゃしない・・
そして何より「常識」が無い!
よって、ダメでしょ、こりゃ。


国民の代表たる国会議員の一番の責務は、
「自分の私利私欲ではなく、自己を犠牲にしても国民のことを第一に考えること」では?

私たちの代表である以上、最も不適切なのは、
「国民のことは二の次、三の次」の考え方をしている輩。

ウソつきと、言うこと・考えがコロコロ変わる人間は、
間違いなく「人のため」なんてことは考えない。

郵政民営化に反対して、当選後に自民党に復帰した議員。
格好つけて新党を作ったのに、結局は自民党に擦り寄る議員。

騙されてはいけない。

もっともな話 
※ページ下の方の「続・呆れ返る自民党の候補者」

【反省のない辞任】


このブログ、政治ネタばかりになってしまっていますが、今日も政治ネタで・・

久間大臣が急遽、辞任しましたね。
今日(7/3)の午前中までは、辞任する気配はなかったようです。

午後の会見を先ほどニュースで見ました。
「このままでは、自民党も公明党も”選挙をやりずらいな”という雰囲気を感じた」から 「辞任を決めた」・・とか。。

まったく分かっていないですね・・
選挙のことばかり・・

この人、前々から、おかしな発言をしていたようですが、空気が読めないというか、自覚が無いというか、先のことを考えられないというか・・
とにかく、長崎出身で、戦前生まれで、防衛大臣であるにもかかわらず、「しょうがない」発言は、たとえそう思っていても有り得ないでしょ・・

終始言い訳ばかりでしたが、選挙が戦い難くなるといけないから辞任・・というのが辞任の理由であることを認めて、インタビューでも会見でも、何度も発言していることに、こんな人格の人が大臣って、どうなのよ・・と思いました。

安倍首相のことは、語る気にもなりませんが、空気が読めない人間であることは間違いなく、さっさと辞めてもらいたい。
今回も罷免しなかったことで、身内からも批難されているようですから、参議院議員選挙で大敗したら、周りで引きずり下ろして欲しいです。
本人、絶対に辞めようとしないでしょうから。
また、「報酬返納」とか、的の外れた責任の取り方でもしそう(笑)

で、早々と後任の防衛相が決まり、小池議員だとか。
防衛のことは知らないようですね。
女性で、割と人気のある小池議員にしておけば、世の怒りも収まると思っての”姑息な”人事としか言えない・・。
久間元大臣を擁護していた安倍首相だったのですから、じっくり人選したはずもなく。
これも選挙対策ですか・・ね?


そういえば、「7/20に北朝鮮から拉致被害者が戻ってくる」という情報がありました。速攻で削除されてましたが。
本当ならば、いつもの”目くらまし”パターンで、話題の矛先を他に向ける作戦でしょう。
国民もバカにされたものです。

総理大臣や閣僚も、少なくとも国民が認めなければ決めらないようにでもできないことには、国民のことをバカにした”やりたい放題の政治”は、終わることはないのかもしれません。

 「自分の身は自分で守る」

ほんと、そんな国になってしまった・・
参議院議員選挙、与党が過半数を取るようなことは、今回はないでしょう・・ね。
郵政民営化選挙のときに、与党敗北にしておかなかったことで、国民は苦しむはめになっていることを、まだ分からない国民は多いのでしょうか・・

【光市母子殺人事件公判に思う】


この事件の広島高裁差し戻し審、第一回集中審理が終わりましたね。
このことは、以前から書こうと思っていました。
あまりに理不尽だと思うからです。

被害者の遺族である「本村洋さん」ですが、私よりも随分若いですが、とても理路整然と話のできる方だと思っています。
TVで記者会見を見る度に、毎回感心しています。
凶悪事件の被害者の家族であり、最愛の妻子が無残な殺され方をされ、そして裁判でも辛い思い、憤りを感じながらも、けして乱れることなく理路整然と話せることは、素晴らしいことだと思います。
きっと多くの方も、同じように感じたことでしょう。

そして、今回の集中審理・・
21人という、この類の事件では異例の弁護団は、どうしたものでしょうか・・
弁護士という職業は、「依頼人の利益を守る」ことが責務であることは分かります。
ですが、今回のやり方は、どう考えてもおかしいのではないかと・・

「今まで真実が審理されていなかった。今から明かされる。」
「死刑廃止論とは関係ない」

このように、弁護団は記者会見で述べていました。
被害者感情に傾いていることを差し引いても、およそ弁護団の言い分を理解することは、私は不可能です。

何故21名もの弁護士が集うのか?
加害者は1名であり、被害者は2名、事件はひとつです。
弁護士は数名もいれば充分では?
よってたかって、「何とかして新事実を創り上げて、死刑を回避する!」としか映らない・・

売名目的の弁護士もいるかもしれない。
死刑を廃止することが一番の目的も弁護士もいるでしょう。
この弁護団には、一般の方々から、数百もの懲戒請求(弁護士資格を持つに値しない)が出されているようです。
当然だと思います。


「死刑さえ回避できれば、この事件の真実などどうでもいい。」

そう思わざるをえません。。
差し戻し審である以上、弁護する側としては、新たな事実を出さなければならないことは理解できても、だからと言って、真実を曲げることは許されないと思います。

審理の最終日、被告は本村さんを「睨み付けた」そうですね。
「この人間を社会に戻してはいけないと思った」と本村さんは語っていました。
被告が何も反省していない証拠ですよね・・

そもそも、この国は生きている加害者に「甘過ぎ」。
「更生の余地がある」とか、「心身喪失状態だった」とか、生きている加害者ばかりに重きを置き過ぎだと思います。
少年だったとは言え、小学生ではないのだから、充分に善悪の判断ができる年齢のはず。
いえ、小学生だって悪いことだと判断できるはずです。

一審後に、被告が友人に宛てた手紙の内容とかを見れば、反省をしていないことは明白で、今回、遺族を睨み付けたことから、8年経っても何も更生できていないと言えるのでは・・?
本当に更生できていないのに出所させるから、再犯する輩がいるわけだし、新たに被害者が出て「不幸が繰り返される」わけですよ。。
無期懲役は、「期限を定めない懲役」なだけであって、「終身刑ではない」ところも問題ありだと思います。


「依頼人の利益を守る」ということは、「量刑が軽くなればいい」というような薄っぺらいものでいいのでしょうか・・・
本村さんの言っていたように、犯罪を犯した人間を、「心から自分の罪を悔い改め、被害者に相当する罰をもって償う」ようになるまで社会から隔離することが、被告の一番の利益になるんじゃないでしょうか・・
被告を「人」として見るならば・・


「このままでは、彼(被告)の人生は何だったのか」と言った本村さんの気持ちを、被告も、そして大勢の「木を見て森を見ない」弁護士たちも、考えるべきだと思います。
一般人であり、遺族である本村さんのこの言葉は、21名のどの弁護士よりも「罪と罰を理解している」故の、とても深い言葉だと思います。

死刑廃止など、とんでもない。
何をやっても死刑にならないとなったら、それをいいことに凶悪犯罪を行う人間は必ず出てくる。
死刑が確定していても、未だ執行されずに税金で賄っている死刑囚が100人もいるこの国は、やはり何かおかしいと思うのは、私だけではないはずです・・


世に倦む日日「 本村洋の復讐論と安田好弘の怠業

【この国の将来にとって大事な時期】


久しぶりに妻と飲みに出掛けました。
ほろ酔い気分のharuです。(笑)

さて、今月から住民税が増税されましたね・・
私は自営業なので、この一年間の住民税の総額が分かります。
サラリーマン時代は毎月天引きだったのですが、今は年4回に分けて支払います。
一回の支払いは、結構なものです。。

私達、一般国民が窮していることも構わず、この国の権力者達は、相変わらずやりたい放題のようですね・・
何でかな・・
人間、金と権力に目がくらむ生き物であることは否定しませんが、「世のため人のため」なんて微塵も思わない人間が、この国の中枢にいること、この事実が「理不尽なこと」の最たることと思います・・

いい加減、私利私欲に走ることを止めないと、本当にこの先恐いことになってしまうと思います。。
この国会で、いったいどんな理不尽な法案が成立したことか・・
まず「都合の良い法案を通す」ことが前提で、詳細は後々「一部の人間に都合よく」決めていかれてしまうのです。。

国会が12日間延長されました。
このニュースを聞いても、「ふ~ん」で済ませている国民は多いことでしょう。
国会を一日開催するのに、「経費が1億以上かかる」と言われています。
全て「税金」です。
そして、国会会期延長の目的は、「一部の人間に都合の良い法案を成立させること」と、「参議院選挙で不正の可能な選挙制度を導入するため」・・・と言われています。


先日、近所の同年代の奥様から声を掛けられました。
普段、あまり話し掛けて来ないような内気の方です。
「〇〇さん、今度の参議院選挙、是非、公明党に入れて下さい」・・と。
聞けば、創価学会に入っているそうです。
創価学会は、叔父一家も入っており、選挙の度に必ず「公明党に」という電話が掛かってきます。
内心「そんなこと、自分で決めるから」と思っても、「はい、分かりました」と言っています。

この先、このままだと、日本はどうなってしまうのか。
「自分の意思で選挙に行き、自分の意思で投票する」・・ということを、皆がしていかないといけないと思います。

自分達、自分達の子孫のために、いい加減「気付かないといけない」時期だと思うのです。

戦争はしたくないでしょ?
無駄に税金を取られて、その税金を「無駄遣い」されたくないでしょ?
老後、年金で生活できるかどうか以前に、「年金が支給されない」としたら、どうします?

自分達の将来、子供達の将来をどのような社会にするかは、これからの一人一人の「投票という意思表示」によってしか、変えることはできないんだと思います。
TVに惑わされず、新聞に惑わされず、真実を知ろうとしなければならないんだと思うわけです。

【お薦めメルマガ】
「政治経済の真実」
【お薦めサイト】 
きっこの日記
らくちんランプ

天木直人のブログ

【情報操作?】


松岡大臣の自殺の一件の後から、現政権に対して「不都合な」情報が多くなっているような気がします。
メディアが情報操作をしていることは、真実の情報を手に入れられる方と、深い考察のできる方が、ネットで訴えているところですが、それら今までの経緯を思うに、「安倍総理は誰かに見限られた」・・と感じます。
その「誰か?」についても、ネット上では多くの方が推測しています。

松岡大臣の遺書の中に、「小泉元首相の政策秘書 飯島勲」宛てのものがあったという報道に、「何故?」と思った方は多いと思います。
メディアは、この「何故?」に全くスルーですが・・
この飯島氏、今も小泉元首相の秘書だそうですが、かなりの策士らしい・・
策士というか、何と言うか・・

メディアは何故、「飯島氏宛ての遺書があったのか」を、もっと探ろうとしないのだろうか・・


参議院議員選挙では、「誰か」によって、自民公明は負けると予想される方も多いようです。
「負けてもいいと思っている」・・という方が正確でしょう。

このところの内閣支持率の急激な下落は、もっともと思いますが、むしろ今までの支持率の高さに違和感がありました。
支持率調査は、「無作為に抽出した」有権者の意見です。
「無作為」という前提が、「作為的」であったとしたら・・
情報操作なんて簡単にできること。
その情報の信憑性を追及しない国民に、操作した情報を信じさせることなど簡単でしょうね。

全ては「誰か」が描いたシナリオ通りに進むのでしょう・・か?
早いうちにこの国から抜け出すことを考えた方が得策なのか??
知らないだけで、この世の中は理不尽な世界・・なのかな。。

【日本の綻び】


いよいよ、この国の綻び(ほころび)が出て来出したという感じがします。
年金問題は、国民全員の生活に関係することなので、今まで政治に興味が無かった人達も、今回のことをきっかけに興味を抱いたことでしょう。

そして今日、共産党からこんな発表があったようです。
  ⇒自衛隊が市民団体を監視
自衛隊に関しては、沖縄の米軍基地移設に反対する住民に対し、「自衛隊が出動した」という事実がありますが、ニュースで取り上げたメディアは少ないようです。

与党は数々の問題の火消し・矛先の転換に必死のようですね。
以前の「四点セット」の時のように、民主党が「ヘマ」して、ウヤムヤにならなければいいですが・・
来月告示の参議院議員選挙は、いくら何でも与党は勝てないのでは?・・と思います。
もし勝ったとしたら、「国民は考えが足りない」と言われても仕方ないでしょうね。

どんな選挙でも、投票しない国民が3~5割近くいます。
思うんですが、選挙は「半強制」でいいんじゃないかと。
税金などは未納すると強制徴収されるのに、民主主義の前提である選挙に行かない国民は「わざと」見過ごしている感がします。
投票しない、「感心のない」国民のお陰で、「助かっている輩」が存在している・・のでは?

ニュースでは絶対に報じない「事実」を知らないで、北朝鮮を批難する人が多いと思いますが(私も以前はそう思っていました)、日本も大して変わらず・・

参議院議員選挙こそ、今度こそ国民がこの国を少しでも変えるチャンスなのだと思います。

【東京都知事選に思うこと】

 
昨夜の東京都知事選挙は、現職の石原氏の圧勝に終わってしまいました・・
私は都民ではないですが、結果をとても楽しみにしていた国民の一人です。
7:15からNHKの風林火山を観て、8時から選挙関連の報道に切り替えたとたん、「石原氏当確」のテロップが流れ、唖然としてしまいました・・

結果がどうこうもありますが、当確出るのが早過ぎない?
地元の県議会議員選挙ですら、こんな時間に当確など出ていませんでした。
出口調査の結果とは言え、開票即、当確を流すということは、

「選挙の前に当選が決まっていた」

・・とも思える違和感を感じました。
だって、出口調査って、投票者全員に聞いているわけではないでしょう?
それに、聞かれた全ての人が本当のことを答えているという確証も無いはず・・
確かに、統計学的に考えれば、サンプル(出口調査)から全体の推測は可能だけれど・・
どの報道機関も、先に当確を報道することに躍起になっていたとしても、選挙戦の最中に「再選は決まりごと」・・という話もあった様子。。
巨大な組織力が働いたのでしょうか・・ね。

候補者の誰を支持するかは、誰かに従うものではないと思いますが、もしこの選挙結果が、「全ての都民のために、公平に考え、動いてくれる者」・・という観点での選択だとしたら、私は更に力が抜けてしまうでしょう。。

  ・知らないことは愚かなこと
  ・自ら考えない上での選択は、自分の意思を持たないことと同じ
  
↑どこかでこんなことを耳にしたような気がします。

これからの4年間、東京都がどうなり、また宮崎県がどうなるか、注目していきたいと思います。


私の気持ちは察して頂くとして、同じような気持ちの方の生の声が、「きっこの日記」に載っています。ご興味のある方はどうぞ。

   ⇒きっこの日記:東京都民の良識



このきっこの日記に、15年前の国連の地球サミットでスピーチした、カナダの(当時)12歳の女の子のことが載っていました。
当時、聞いた覚えはあるのですが、その時はさほど何も感じなかったような気がしますが、今改めて読むと、自分が恥ずかしくなる内容でした。。

   ⇒きっこの日記:大人のみなさんへ

人は利権で動くものだし、人より優位に立とうとするものです。
それはそれで仕方ない部分もありますが、いつか自分がしてきたことに「気付く」時が来るのだと思います。
そこで反省するのか、見て見ぬ振りを決め込むのか、その二択によってきっと、死ぬ時の後悔や充実感に違いがでるんじゃないだろうか・・なんて、最近は思うのです。。

【誰が払う? 国の借金】


2006年末の国の借金総額が、832兆2631億円になったそうです。
「最近の人口(1億2772万人)に基づいて試算すると、国民1人当たりの借金は651万6000円に上る。」・・んですって。。

これ、本当に必要な借金だったのでしょうか・・?

小泉政権発足直前の2000年度末は538兆円だったそうです。
小泉政権の5年間で見れば、国の・・いえ、国民に割り当てられる借金が1.5倍になったそう・・

「改革!」って、何だったのかな。。

行政、行政に順ずる機関の無駄遣いのさまは、皆さんご存知のところですが、私達庶民が知り得る無駄遣いは、所詮、氷山の一角でしょう。
この数字は、「借金を作った側の発表」なので、実際のところはもっとあるのでは?・・と思ってしまいます。(そういう話はあります)

高齢化社会に突入し、少子化で人口の大幅減が確定しているのにも関わらずこの有様では、この先この国はどうなっていくのでしょうか・・
「個人のように、一斉に借金取りが押しかける・・なんてことはないから大丈夫」・・というような説がありますが、こんな状態では何れ破綻するのは明白ではないのかな?

ところで「832兆円」って言われても、実感が湧きません。
「もし、個人で1兆円を使うとしたら」というような試算を以前どこかで見た覚えがあるのですが、凄いです!

毎日100万円ずつ使っても、約2,740年かかる」

今から逆算すれば、弥生時代から毎日100万円を使い続けてやっと使い果たせるような金額です。。(参考:弥生時代の開始年代
1兆円がどのくらいの凄さか実感できますね~
1万円札を積み重ねると富士山の何倍?・・っていう、良くある実感方法では、1兆円を積み重ねると約10kmになるそうなので、標高3,776mの富士山の約2.65倍・・
てことは、国の借金分は、832×2.65≒2,205倍・・・言葉になりません。。
かの、ビル・ゲイツ氏の個人資産は約6兆円とのこと・・

お金って何だろう・・と、ふと考えてしまいました。。

【とことんバカにされ続ける国民】

愛知県知事選挙の勝利によって、柳沢厚生労働相が「強気」だとか・・
勝ったって言ったって、楽勝だったはずが辛勝でしょ。。
機械という言葉を言ったことについて怒っている国民は多いですが、「何故少子化になっているのか?」・・について、もっと国民は騒がないといけないのだと思います。
生活スタイルや考え方が変わってきているにしても、「将来の生活に不安があるから」というのが大きな理由なのでは?
戦時中のように、経済的に困ろうが「産めや増やせや」の国策として、「子供を増やせ」と政府は言っているように聞こえてしまいます。。

小泉前首相が格差社会についてコメントした「成功者を妬む風潮はいけない」・・一国の首相が臆面も無く言うことではないとその時に思いました。
成功することは自分のためであることは良しとして、その他に「社会のため」という部分も必要ではないか?・・と思います。
何の不正もなく、正々堂々と努力した結果得た成功であれば、妬む者もいるとは思いますが、尊敬する者も多いと思います。
ですが、この国の権力者や富んだ者の多くは「間違ったこと」をしているのでは?
「赤坂議員宿舎の家賃が安過ぎる」という世論に対し、「(悔しかったら)議員になればいいではないか」・・などという救えない考えが、多くの代議士には蔓延しているのでしょうね・・
「家賃が安い」という国民の声が大きくなってから、「住まない」という国会議員・・
「無駄遣いだから、そんなゴージャスな物を建てるな!」・・と、反対していた者が言うなら分かりますが、国民・・いえ、「選挙区の有権者に心証が悪くなっては次の選挙で当選が危うい」・・でしょ?
誰でも分かる小手先の「ポーズ」でしょ・・
「国民のため」ではなくて全て「保身のため」。。

ん・・・

でも、そんな者を代表に選んだのは国民・・
選んでしまって、権力を与えてしまった以上、文句を言っても「開き直る」んでしょうね。。
一般企業にもたまにこういう輩を見掛けますが、ずるいったらありゃしない・・
ただ、国会議員や公務員は国民の代表であり、「国民が安心して暮らせる」社会を作るのが仕事のはず・・

  「(あの候補が当選すれば)地元に恩恵があるから」
  「知名度があるから」
  「(組織的に)応援しろと言われたから」

・・・ん。

選挙前には郵政民営化に反対して票を稼ぎ、当選したらソソクサと賛成に転じて復党する「なめた」議員もいましたしね。
それでも応援する有権者がいて、また次も当選させてしまうのでしょうか・・



柳沢大臣の進退について、今日の新聞に載っていた官邸のコメント。
「柳沢発言の悪影響はいずれ収まる」

・・・ん。

「国民はバカだから、そのうち忘れるさ」・・と、私には聞こえるのですが。。
野党も「このまま辞任しない方が攻撃し易い」と考えているらしい・・
揚足を取って敵のイメージダウンを狙うより、本来の「政策」で国民にアピールできんのか。。
「自民党は嫌いだけど、民主党には任せられない」・・そう思っている国民は多いのに。
「民主党ならこの国を良くしてくれるだろう」なんて思えるようにして欲しいものです。。

どっちにしても、本分を見失っているようにしか思えない・・
悲しい話です。。

【理不尽だらけ・・】

このブログ、長い間更新しないうちに、いろいろと「理不尽なこと」が表出してますね・・
私が最近知ったこともありますが・・

  アパグループの「耐震偽装発覚」
  あるある大辞典の「データ捏造報道」
  柳沢厚生労働大臣の「産む機械発言」
  温泉旅館対象の「温泉成分除去装置の設置義務付け

アパグループのホテル耐震偽装発覚については、随分前にネット上では藤田社長が糾弾してました。
その時はマスコミは一部を除き、一切「無視」していたのに、このところはどのメディアも、あたかも「新事実」かのように報道してます(笑)
今頃の報道になったのは、報道させないように掛かっていた「圧力」の矛先が他に向かった・・のでしょうか?(笑)

あるある大辞典の「データ捏造報道」からみても分かるように、メディアの情報は信用できないと思った方がいいのでしょう。
この納豆ダイエット、ビックリするほど納豆が品切れになってました。
母もやっていて、「近くで売り切れてるから買い込んで来て」と頼まれ、3パック×6もの納豆を私も買いました。。
他にもレタスの催眠効果だの、いろいろと捏造していたようですね。

何でしょう・・・このメディアの「やりたい放題」は!

「真実を伝える」というのは、報道の原則ではないのだろうか・・
視聴者が勝手にそう信じているだけで、報道する側のモラルは無いのでしょうね。

世の中、「力関係」があるのは否めないのですが、一部の権力者の「都合のいいように」報道に圧力が掛かり、その「裏」を知らず信じてしまう国民が多過ぎるから、「好き勝手」にできるのでしょう・・
そして、「視聴率が取れればOK」といういい加減な報道をするメディアは多過ぎです。。

柳沢厚生大臣の「産む機械発言」。
いい歳ですよね・・この人。
男の私でもこれは「ふざけたこと言うなっ!」です!
「あなたは機械から産まれたのですか?」と聞いてみたいです。
大臣になる器であるはずの人間が、これですから・・
この人、政治家としてはもう終わりでしょうね。
あまりに愚かです。。

温泉旅館対象の「温泉成分除去装置の設置義務付け」。
知らなかったのですが、今年7月から新基準に移行する水質汚濁防止法により、「各温泉旅館ごとにホウ素やフッ素を除去する装置を設置する」義務が生じるとのこと。
水質汚濁防止法って、工業排水などによる水の汚染を防止する法律のはずですが、昔からの「天然温泉」の成分であるホウ素やフッ素も対象になる・・おかしくない?
更におかしいのは、「日帰り温泉施設には適用しない」・・はぁっ?

 旅館の管轄⇒環境省
 日帰り施設の管轄⇒厚生労働省 ・・だからだとか。。

同じ温泉地にある、同じ源泉の旅館と日帰り施設とで、「国の管轄が違うから」という理由で、一方は3~4千万と言われる除去装置をつけなければ罰せられるのに、他方は「何もしなくていい」・・

これがこの国の行政です。
こんな考え方だから、税金の無駄遣いは無くならないし、一部の者に利益を生むような理不尽な法律ができたりするのでしょう・・

本当にどうにかならないのか、この国は・・

ここ最近で唯一、喜ばしいと思ったことは、「東国原・宮崎県知事誕生」でしょうか・・
TVを見ていて、今のところ彼は「本気」なのだと感じます。
この春の統一地方選挙、参議院議員選挙・・。
国民はもっと真実を知り、「国民のことを本気で考えてくれる人」を選ばないといけないと思います。

「どうせ誰がやっても同じさ・・」 
・・そう思っているうちは、この国は益々「一部の者のやりたい放題」になってしまう・・

共謀罪なんぞが成立する前に、国民は皆「気付く」必要があるのだと思います。
少しでも「理不尽なこと」を減らすために・・

 

【御手洗ビジョン・・】


1/1、経団連のキャノン御手洗会長が、
『将来の日本経済社会を展望した長期ビジョン
希望の国、日本」(略称・御手洗ビジョン)を発表』・・したそうです。
新年早々・・(苦笑)
まあ、新年だから・・でしょうが。。

骨子は・・
  ・法人税等の企業減税
  ・2011年度までに消費税を2%程度引き上げる ・・とかとか。。

確かに法人税関係は高いなぁ・・と思います。
でも、輸出戻し税のことを知ってしまった今、とても腹立たしい「ビジョン」です。

それより何より驚いたのは・・
『自立した広域経済圏を目指す道州制導入や憲法改正、愛国心教育なども盛り込んだ。』
・・?ハテナ。。
特に「愛国心教育」って、経団連会長が提言することなのだろうか・・
このビジョンは、安倍内閣を後押しするような内容に思えるのは私だけではないでしょう。

『将来の日本経済社会を展望した長期ビジョン』
※ビジョン【vision】=将来の構想。展望。また、将来を見通す力。洞察力。(大辞泉)

・・なーんか、虚しく聞こえてしまいます・・

「安倍首相では参院選は戦えない」などと身内からも囁かれる中、私達の知らない世界ではいろいろな「駆け引き」があるんでしょうね。
『小泉元首相の再登板』・・なんて言ってる人もいるようですが。

・・お願い、やめて下さい。。


ところで安倍首相といえば・・
「今年一年を一文字にすれば?」と聞かれ、「責任」と答えたそう・・
二文字やんけ。。
インタビューはここ

↑ナレーションが笑えます。
「・・字余りで振り返りました」
そしてテロップでも「責任」という文字を赤字で強調(笑)
NHK?
・・真面目にバカにしてます(笑)


 | HOME |  »

プロフィール

haru

Author:haru

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク(管理人のサイト)

動物(あなた)は飼い主(わたし)が守るから・・

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。