アクセス解析
カウンター
FC2ブログ

理不尽なこと

理不尽に思うことを綴ったブログです。

ブログパーツUL5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【光市母子殺人事件公判に思う】


この事件の広島高裁差し戻し審、第一回集中審理が終わりましたね。
このことは、以前から書こうと思っていました。
あまりに理不尽だと思うからです。

被害者の遺族である「本村洋さん」ですが、私よりも随分若いですが、とても理路整然と話のできる方だと思っています。
TVで記者会見を見る度に、毎回感心しています。
凶悪事件の被害者の家族であり、最愛の妻子が無残な殺され方をされ、そして裁判でも辛い思い、憤りを感じながらも、けして乱れることなく理路整然と話せることは、素晴らしいことだと思います。
きっと多くの方も、同じように感じたことでしょう。

そして、今回の集中審理・・
21人という、この類の事件では異例の弁護団は、どうしたものでしょうか・・
弁護士という職業は、「依頼人の利益を守る」ことが責務であることは分かります。
ですが、今回のやり方は、どう考えてもおかしいのではないかと・・

「今まで真実が審理されていなかった。今から明かされる。」
「死刑廃止論とは関係ない」

このように、弁護団は記者会見で述べていました。
被害者感情に傾いていることを差し引いても、およそ弁護団の言い分を理解することは、私は不可能です。

何故21名もの弁護士が集うのか?
加害者は1名であり、被害者は2名、事件はひとつです。
弁護士は数名もいれば充分では?
よってたかって、「何とかして新事実を創り上げて、死刑を回避する!」としか映らない・・

売名目的の弁護士もいるかもしれない。
死刑を廃止することが一番の目的も弁護士もいるでしょう。
この弁護団には、一般の方々から、数百もの懲戒請求(弁護士資格を持つに値しない)が出されているようです。
当然だと思います。


「死刑さえ回避できれば、この事件の真実などどうでもいい。」

そう思わざるをえません。。
差し戻し審である以上、弁護する側としては、新たな事実を出さなければならないことは理解できても、だからと言って、真実を曲げることは許されないと思います。

審理の最終日、被告は本村さんを「睨み付けた」そうですね。
「この人間を社会に戻してはいけないと思った」と本村さんは語っていました。
被告が何も反省していない証拠ですよね・・

そもそも、この国は生きている加害者に「甘過ぎ」。
「更生の余地がある」とか、「心身喪失状態だった」とか、生きている加害者ばかりに重きを置き過ぎだと思います。
少年だったとは言え、小学生ではないのだから、充分に善悪の判断ができる年齢のはず。
いえ、小学生だって悪いことだと判断できるはずです。

一審後に、被告が友人に宛てた手紙の内容とかを見れば、反省をしていないことは明白で、今回、遺族を睨み付けたことから、8年経っても何も更生できていないと言えるのでは・・?
本当に更生できていないのに出所させるから、再犯する輩がいるわけだし、新たに被害者が出て「不幸が繰り返される」わけですよ。。
無期懲役は、「期限を定めない懲役」なだけであって、「終身刑ではない」ところも問題ありだと思います。


「依頼人の利益を守る」ということは、「量刑が軽くなればいい」というような薄っぺらいものでいいのでしょうか・・・
本村さんの言っていたように、犯罪を犯した人間を、「心から自分の罪を悔い改め、被害者に相当する罰をもって償う」ようになるまで社会から隔離することが、被告の一番の利益になるんじゃないでしょうか・・
被告を「人」として見るならば・・


「このままでは、彼(被告)の人生は何だったのか」と言った本村さんの気持ちを、被告も、そして大勢の「木を見て森を見ない」弁護士たちも、考えるべきだと思います。
一般人であり、遺族である本村さんのこの言葉は、21名のどの弁護士よりも「罪と罰を理解している」故の、とても深い言葉だと思います。

死刑廃止など、とんでもない。
何をやっても死刑にならないとなったら、それをいいことに凶悪犯罪を行う人間は必ず出てくる。
死刑が確定していても、未だ執行されずに税金で賄っている死刑囚が100人もいるこの国は、やはり何かおかしいと思うのは、私だけではないはずです・・


世に倦む日日「 本村洋の復讐論と安田好弘の怠業

スポンサーサイト

【この国の将来にとって大事な時期】


久しぶりに妻と飲みに出掛けました。
ほろ酔い気分のharuです。(笑)

さて、今月から住民税が増税されましたね・・
私は自営業なので、この一年間の住民税の総額が分かります。
サラリーマン時代は毎月天引きだったのですが、今は年4回に分けて支払います。
一回の支払いは、結構なものです。。

私達、一般国民が窮していることも構わず、この国の権力者達は、相変わらずやりたい放題のようですね・・
何でかな・・
人間、金と権力に目がくらむ生き物であることは否定しませんが、「世のため人のため」なんて微塵も思わない人間が、この国の中枢にいること、この事実が「理不尽なこと」の最たることと思います・・

いい加減、私利私欲に走ることを止めないと、本当にこの先恐いことになってしまうと思います。。
この国会で、いったいどんな理不尽な法案が成立したことか・・
まず「都合の良い法案を通す」ことが前提で、詳細は後々「一部の人間に都合よく」決めていかれてしまうのです。。

国会が12日間延長されました。
このニュースを聞いても、「ふ~ん」で済ませている国民は多いことでしょう。
国会を一日開催するのに、「経費が1億以上かかる」と言われています。
全て「税金」です。
そして、国会会期延長の目的は、「一部の人間に都合の良い法案を成立させること」と、「参議院選挙で不正の可能な選挙制度を導入するため」・・・と言われています。


先日、近所の同年代の奥様から声を掛けられました。
普段、あまり話し掛けて来ないような内気の方です。
「〇〇さん、今度の参議院選挙、是非、公明党に入れて下さい」・・と。
聞けば、創価学会に入っているそうです。
創価学会は、叔父一家も入っており、選挙の度に必ず「公明党に」という電話が掛かってきます。
内心「そんなこと、自分で決めるから」と思っても、「はい、分かりました」と言っています。

この先、このままだと、日本はどうなってしまうのか。
「自分の意思で選挙に行き、自分の意思で投票する」・・ということを、皆がしていかないといけないと思います。

自分達、自分達の子孫のために、いい加減「気付かないといけない」時期だと思うのです。

戦争はしたくないでしょ?
無駄に税金を取られて、その税金を「無駄遣い」されたくないでしょ?
老後、年金で生活できるかどうか以前に、「年金が支給されない」としたら、どうします?

自分達の将来、子供達の将来をどのような社会にするかは、これからの一人一人の「投票という意思表示」によってしか、変えることはできないんだと思います。
TVに惑わされず、新聞に惑わされず、真実を知ろうとしなければならないんだと思うわけです。

【お薦めメルマガ】
「政治経済の真実」
【お薦めサイト】 
きっこの日記
らくちんランプ

天木直人のブログ

【情報操作?】


松岡大臣の自殺の一件の後から、現政権に対して「不都合な」情報が多くなっているような気がします。
メディアが情報操作をしていることは、真実の情報を手に入れられる方と、深い考察のできる方が、ネットで訴えているところですが、それら今までの経緯を思うに、「安倍総理は誰かに見限られた」・・と感じます。
その「誰か?」についても、ネット上では多くの方が推測しています。

松岡大臣の遺書の中に、「小泉元首相の政策秘書 飯島勲」宛てのものがあったという報道に、「何故?」と思った方は多いと思います。
メディアは、この「何故?」に全くスルーですが・・
この飯島氏、今も小泉元首相の秘書だそうですが、かなりの策士らしい・・
策士というか、何と言うか・・

メディアは何故、「飯島氏宛ての遺書があったのか」を、もっと探ろうとしないのだろうか・・


参議院議員選挙では、「誰か」によって、自民公明は負けると予想される方も多いようです。
「負けてもいいと思っている」・・という方が正確でしょう。

このところの内閣支持率の急激な下落は、もっともと思いますが、むしろ今までの支持率の高さに違和感がありました。
支持率調査は、「無作為に抽出した」有権者の意見です。
「無作為」という前提が、「作為的」であったとしたら・・
情報操作なんて簡単にできること。
その情報の信憑性を追及しない国民に、操作した情報を信じさせることなど簡単でしょうね。

全ては「誰か」が描いたシナリオ通りに進むのでしょう・・か?
早いうちにこの国から抜け出すことを考えた方が得策なのか??
知らないだけで、この世の中は理不尽な世界・・なのかな。。

【日本の綻び】


いよいよ、この国の綻び(ほころび)が出て来出したという感じがします。
年金問題は、国民全員の生活に関係することなので、今まで政治に興味が無かった人達も、今回のことをきっかけに興味を抱いたことでしょう。

そして今日、共産党からこんな発表があったようです。
  ⇒自衛隊が市民団体を監視
自衛隊に関しては、沖縄の米軍基地移設に反対する住民に対し、「自衛隊が出動した」という事実がありますが、ニュースで取り上げたメディアは少ないようです。

与党は数々の問題の火消し・矛先の転換に必死のようですね。
以前の「四点セット」の時のように、民主党が「ヘマ」して、ウヤムヤにならなければいいですが・・
来月告示の参議院議員選挙は、いくら何でも与党は勝てないのでは?・・と思います。
もし勝ったとしたら、「国民は考えが足りない」と言われても仕方ないでしょうね。

どんな選挙でも、投票しない国民が3~5割近くいます。
思うんですが、選挙は「半強制」でいいんじゃないかと。
税金などは未納すると強制徴収されるのに、民主主義の前提である選挙に行かない国民は「わざと」見過ごしている感がします。
投票しない、「感心のない」国民のお陰で、「助かっている輩」が存在している・・のでは?

ニュースでは絶対に報じない「事実」を知らないで、北朝鮮を批難する人が多いと思いますが(私も以前はそう思っていました)、日本も大して変わらず・・

参議院議員選挙こそ、今度こそ国民がこの国を少しでも変えるチャンスなのだと思います。

 | HOME | 

プロフィール

haru

Author:haru

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク(管理人のサイト)

動物(あなた)は飼い主(わたし)が守るから・・

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。